資材の利用申し込みについて

資材を利用するにあたり、ファイルはどこで手に入るのか?
費用がかかるのか?

印刷に用いるファイル(イラストレーターファイル)は、都道府県ご担当者にまとめてご提供しますので、都道府県で市区町村のご希望を取りまとめていただき、事務局にご連絡いただけますようお願いいたします。

市区町村ご担当者様都道府県ご担当者様に連絡をお願いします。

都道府県ご担当者様事務局(gankenshin@ml.res.ncc.go.jp)


ファイルはすべて無料でご提供しております


事務局では、資材をご利用いただいた結果を集積し、受診率向上に役立つ情報提供をしていきたいと考えております。年度末など一括でかまいませんので、ご利用いただいた結果(前年度と比べた受診者数、受診率など)をお知らせいただけると大変ありがたいです。

市区町村からのお問い合わせについて

市区町村から事務局へ、直接問い合わせをしたい

申し訳ありませんが、当事務局では市区町村に対する直接のご回答を控えさせていただいており、都道府県とのご相談の中で検討を進めさせていただければと考えております。

市区町村からのお問い合わせに対し、個別にご対応させていただく方法をとると、事務局が1700の市区町村を一つ一つ直接支援することが必要となります。これでは当プロジェクトの知見を全国で活用していただくことが現実的に不可能となります。全国で当プロジェクトの知見をご利用いただくためには、事務局が都道府県を支援し、都道府県が市区町村を支援するという方法が最もよいと考えております。市区町村から都道府県へのお問い合わせをいただく体制が整えば、都道府県に知見が集積し、より一層、市区町村の活動を支援することにつながるからです。

まずは、市区町村から都道府県にお問い合わせいただき、都道府県と市区町村とのご相談の中で問題が解決されない場合には、都道府県のご担当者より当事務局にお問い合わせください。

資材のサイズについて

リーフレットや封筒のサイズを教えて欲しい
印刷費用の目安を知りたい

  • コール用 五がんリーフレット

    A4 (縦297mm×横210mm)

  • リコール用 乳、大腸、子宮頸がんリーフレット

    A5 (縦210mm×横148mm)

  • リコール用 乳、大腸、子宮頸、胃、肺がんリーフレット

    A4の1/3 (縦210mm×横100mm) ※定型封筒で送付可能

  • 圧着はがき

    官製はがきサイズ (縦148mm×横100mm)

  • 封筒

    定型洋長3 (縦120mm×横235mm) 
    ※ A4の⅓サイズのリーフレット各種が入ります

  • セット受診チラシ

    A4 (縦297mm×横210mm)

詳しい仕様や印刷費用の目安は「活用の手引き」をご参照ください。

資材のファイル形式について

資材のファイル形式はどのようなものか?
編集はどのように行えばいいのか?

ひな形は、アドビ社のイラストレーターファイルにて、ご提供いたします。
イラストレーターというソフトがインストールされていないパソコンではファイルを開くことができませんが、印刷会社では一般的に使用されているソフトです。

イラストレーターがインストールされたパソコンで編集が可能です。庁内にイラストレーターがない等、内容の編集が難しい場合には、印刷会社へご相談ください。

編集が可能なページにつきましては、「活用の手引き」p.49 をご参照ください。

資材ファイルの編集可能な部分について

リーフレットや圧着はがきのなかで、編集可能な部分はどこか?

表紙および検診の流れのページのみ編集可能です。
編集が可能なページにつきましては、「活用の手引き」p.49 をご参照ください。

資材ファイルの一部利用、サイズ・仕様変更

資材の一部を切り出して、市区町村独自のリーフレットに使用したい
資材のサイズを変更して使用したい
リーフレットのページを増加させたい
リーフレットの折り方を変更したい
リーフレットを庁内のコピー機で印刷したい

当プロジェクトから提供されている資材のひな形は、情報のみならず、サイズや仕様、紙質含め、効果が検証されたものをご紹介させていただいております。別の形で切り出してご使用されたり、サイズや仕様を変更してご使用されると、効果の保証ができませんので、変更可能な部分以外の変更はご遠慮ください。

ただ、リーフレットで使用している情報そのものは公開データに基づいているため、そちらをご参照いただくことをお止めするものではございません。

リーフレットや圧着はがきは印刷会社での印刷をお勧めしておりますが、セット受診用チラシは一般的な上質紙を推奨しているため、庁内コピー機での印刷が可能です。

資材(リーフレット・圧着はがき)の配布方法

全戸回覧でリーフレットを使用したい

当プロジェクトの資材(リーフレット・圧着はがき)は、個別通知(対象者本人宛にリーフレット・圧着はがきが届く)を想定して作成しており、個別通知による受診率向上効果を検証した上で、ひな形をご紹介させていただいております。

全戸回覧等での介入は、効果が検証されている手法とは異なり、受診率向上効果を保証できませんので、可能な限り個別通知での活用をおすすめいたします。

どうしても個別通知が困難である場合には、なるべくそれに近い形での介入実施をご検討いただければと思いますが、適宜ご判断ください。

資材に記載のある受診間隔・対象年齢の効果について

市区町村の大腸がん検診の対象年齢が30歳以上となっているため、リーフレットに記載されている対象年齢を変更したい
市区町村の乳がん、子宮頸がん検診が1年に1回受診できる体制となっているので、受診間隔を「1年に1回」という表記に変更したい

当プロジェクトからの資材のご提供は、指針に沿ったがん死亡の減少に資する検診の受診率向上を目的としているため、”がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針”に沿わない形でのご変更は、ご容赦ください。

当プロジェクトでは指針に沿ったがん検診の実施をお勧めしております。

リーフレットに記載されているデータの出典

コール用五がんリーフレットに記載されている、各年代の「なりやすいがん順」の出典を教えて欲しい

「※5 出典:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(2008年)ー利患者数には上皮内癌を含む」が該当いたします。